考え方次第で変わる

男性のコンプレックスで様々なランキングを調べると、最も多かったのは容姿・容貌に関わるものでした。これは女性男性問わずに多いコンプレックスです。容姿・容貌で一番意見が多いのは「低身長」でした。世の中に「ナポレオン・コンプレックス」という言葉があるのはご存知でしょうか。身長の低い男性ほど威勢の良い傾向にあることをからかったものです。

当時の英雄ナポレオンが周りと比べ身長が低いというコンプレックスがあったにも関わらず、その反動であの偉業を立てたというところからきています。日本の偉人にも低身長だったけれども偉業を立てた人物が存在します。源頼朝や豊臣秀吉、徳川家康などいずれも150センチ前後と言われています。海外の研究調査からも身長が低いほど男女共に長生きをしているという結果がでています。もしかすると低い身長で悩んでいるあなたは、偉業を立てて長生きをするかもしれません。

女性の観点からみると好きになったら、あまり男性の低身長は気にしていないという意見も多いようです。低身長などの容姿・容貌のコンプレックスよりも男性のマザー・コンプレックスを気にする女性は多いようです。雑誌でもマザー・コンプレックスなどの特集をくまれるほどであり、離婚原因として挙げられることもしばしば見受けられます。女性は一番に自分の事を考えてもらいたい動物ではありますが、考え方を変えると母親を大切に出来る男性は家族を大切にしてくれるのではないでしょうか。いずれもコンプレックスを持っていないという方はいません。解消できるのであれば努力すれば良く、解消できないものはチャームポイントにするなど考え方次第で前向きに切り替えることが出き、またひとつ成長出来るのではないでしょうか。

[特集]
なかなか他人に言えない男性のコンプレックスとして挙げられるのが包茎です。もしコンプレックスを解消したいと思っている方は参考にしてみてください・・・包茎

もう三高は古い

男性のコンプレックスで低身長の他にあげられていたのが「収入」「学歴」という項目でした。実際、1980年代末、女性がモテる男性の条件として良く「三高」という条件を口にしていました。その三・・・

自身の印象が変わる字

男性のコンプレックスで意外だったものが「字の汚さ」でした。中には、字が上手く書けるか否かは関係ない、字が汚いほど頭がいいという方々がいるかもしれませんが、社会に出て字が汚くて恥ずか・・・